MENU

パーキンソン病にならないための簡単な予防法とは

おもに中年以降から、身体の筋肉や関節が少しづつ固くなり、身体の動きが悪くなったり表情が作れなくなったりするのがパーキンソン病の特徴です。その原因はドーパミンという神経伝達物質が減少することにあるとされています。パーキンソン病にならないために、今日からできる簡単な予防法とはなんでしょうか。

 

・ハードに運動をすること
パーキンソン病は、ウォーキングや体操などの軽い運動では、予防の効果はあまり期待できません。それよりジョギングをしたり激しい有酸素運動をすることのほうが、ずっと予防になります。身体が動かしにくくなる前から取り組んでおけば、パーキンソン病が発症してからも動ける身体を維持することができます。実際にこの病気になってしまってからも遅くはありません。なぜならパーキンソン病はゆっくりと進行していく病気だからです。病気とわかってからでも、有酸素運動を取り入れて神経伝達のし易い体づくりをしていきましょう。

 

・楽しいことをいっぱいする
パーキンソン病は、幸せを感じた時に発生するドーパミンという神経伝達物質が減少することで、起こる病気だと言われています。ですから楽しいことや幸せを感じることをたくさん経験することによって、ドーパミンの量を増やしてパーキンソン病の発症をさせなかったり、進行を遅らせることが可能になります。たとえば好きな趣味に没頭したり、好きな音楽を聞いたり、温泉につかって気持ちよく過ごしたりということです。もし楽しいことや幸せが何もないというなら、これから探してみましょう。最も簡単なのは食べ物です。好きな美味しいものを食べるというだけでも、パーキンソン病の予防になります。コーヒーのカフェインはパーキンソン病の改善の効果があると言われています。コーヒー好きなかたは1日2~3杯は飲んで楽しんでみましょう。同時にストレスを減らしていくことは、病状を改善するうえで大切なことです。ストレスによってパーキンソン病は悪化してしまうからです。